« バルサの危険な船出 | トップページ | チェルシーがとまらない »

2005/09/18

『椿姫』(ロイヤル・オペラ)

dvd-traviata-royalDVDライブラリーより。

ルーマニア出身のゲオルギューを一躍スターダムに押し上げた公演。その眩いばかりの美貌と真情溢れる歌唱はまさにDVD時代の申し子だ。彼女ばかりに目がいきそうな舞台だが、ロパルドやヌッチなど、周りを固める男声陣もすこぶる安定している。ショルティが堅実に音楽を進め、アイルの演出も旧弊に陥るところがなく、新鮮で説得力がある。

★★★★

ヴィオレッタ:アンジェラ・ゲオルギュー
アルフレード:フランク・ロパルド
ジョルジョ・ジェルモン:レオ・ヌッチ
ドゥフォール男爵:リチャード・ヴァン・アラン
ガストン子爵:ロビン・レッガーテ
フローラ・ベルヴォア:リー・マリアン・ジョーンズ
アンニーナ:ジリアン・ナイト

合  唱:コヴェントガーデン王立歌劇場合唱団
管弦楽:コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
指  揮:ゲオルク・ショルティ
演  出:リチャード・アイル

[  収録:1994年12月6日、コヴェントガーデン王立歌劇場  ]

|

« バルサの危険な船出 | トップページ | チェルシーがとまらない »

コメント

ショルティが指揮しながら涙した、曰くつきの公演ですね。ゲオルギュの美貌と歌声もさることながら、その演技力が高く評価されたように思います。

投稿: ご~けん | 2005/09/18 11:45


ご~けんさん、こんにちは。
涙を流しながら指揮をするショルティの絵ってのも・・・コワイ^_^;;

投稿: Orfeo | 2005/09/18 12:52

いろんなところで、言ってますので、またかぁ、、と思われるでしょうが、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ氏が、この時のゲオルギューを見て、これで念願の「トスカ」の映画が作れる、、、と思ったということです。
ショルティだけでなく、トスカン氏も涙を流しながら見ていたんでしょうね。

投稿: keyaki | 2005/09/18 19:41


keyakiさん、こんばんは。
その話、私は初めて聞きました。
いろんな人が涙したんですねえ・・・。

投稿: Orfeo | 2005/09/18 21:56

 Orfeoさん、こんばんは♪
アンジェラ・ゲオルギューの椿姫は本当に沢山の人の涙を誘ったのですね。
先日、内輪で行った「椿姫」を観ました。
やっぱり良いですネ~。。
あの「乾杯の歌」は最高に好きです。
オペラの持つ独特の重厚さ、華麗さは、他のどんな演目にもありませんよね。

そうそう。。私もブログにインデックスを付けてみました。
こちらのブログを見てインデックスがあると便利だな~と思いつつ
結構大変な作業なので躊躇してました。
でもやってみたらやっぱり見やすいし、快適ですね。
来て下さる方にも好評で、苦労した甲斐があったかな~と思ってます。
こちらのブログでヒントを得ての作業だったので
一言お礼をしようと思いつつ、今に至ってしまいました。
すみません^^;

オペラに関する記事もアップしようと思いつつ、中々手が回らない状態でして・・・
でもきっとそのうちにと思ってますので、その時はまたTBさせて下さいね。

そうそう。。
もし良かったら「青ひげ公の城」、アップして下さったら嬉しいです♪

投稿: プラム | 2005/09/29 21:39


プラムさん、こんにちは。
わざわざお礼をいただき、ありがとうございます。インデックス、いいですよね。そういえば、私もプラムさんのところの掲示板を見て、真似してゲストブックを作ったんでした。そのお礼を言ってませんでしたね。すいません。遅まきながら、どうもありがとうございました。

「青ひげ公の城」を近々取り上げられるんですかね。私は芝居ではよく見ましたが、オペラの方は見たことがないです。というわけで、DVDは持ってないんですよ。そもそも、国内じゃまだ市販されてないんじゃないですか、このオペラ?

投稿: Orfeo | 2005/09/30 08:51

 Orfeoさん、おはようございます。

お互い、ブログで良いな、と思ったところを活用し合うって
素敵ですね。
こちらこそ使って頂けて嬉しいです。
有難うございます^^

ところで「青ひげ公の城」ってDVDは無いのですか?
それは残念です。
あ。。いえ、私は「青ひげ~」をアップ予定ではありません。
ただOrfeoさんならご存知でいらっしゃるかな~と思いまして^^
あまりメジャーじゃないらしく、ほとんど資料らしきものが無いので
知りたかっただけですの。
失礼しました。

投稿: プラム | 2005/09/30 10:20


かってLDでショルティがロンドン・フィルを振った映画版が出ていたようですね。あと、アダム・フィッシャーが振ったのもあったらしいんですが、詳細はよく分かりません。ともかく、珍しいオペラだから、DVD化されるといいですね。

投稿: Orfeo | 2005/09/30 15:46

メトロポリタン歌劇場の公演をネット放送で聴きました。この映像と合わせて記事にしましたので、TBしますので、よろしく^^

投稿: edc | 2006/02/13 10:03


edcさん、毎度ありがとうございます。
早速TB返しさせていただきます。

投稿: Orfeo | 2006/02/13 10:40

>もし良かったら「青ひげ公の城」、アップして下さったら嬉しいです♪

ということで、遅ればせですが、「青ヒゲ公の城」について、記事にしましたので、TBします・・

DVD化されていないみたいで、残念です。

投稿: edc | 2006/03/30 07:57

edcさん、TBありがとうございます。
早速伺わせていただきます^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/03/30 08:31

 Orfeoさん、こんにちは^^

懲りずにコメントしにやってまいりました~。
で。
edcさん(初めまして・・・)が「青ひげ公の城」のリクエストに
応えて下さっていたのですね。
全然知りませんでした~^^;

Orfeoさんの友達は凄い方ばかりで恐縮しちゃいます。。
私なんぞに付き合って下さってOrfeoさんは本当に優しい方ですね。
いつも有難うございます。

投稿: プラム | 2006/10/18 12:38


いらっしゃいませ、プラムさん。

>私なんぞに・・・
いえいえ、プラムさんの記事は、女性らしく、作品に対する愛情に溢れていて、どれもとても素敵だと思います。読んでて楽しいですよ。
今後とも、よろしくお付き合いくださいませ^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/10/18 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5982061

この記事へのトラックバック一覧です: 『椿姫』(ロイヤル・オペラ):

» ヴェルディ「椿姫」コヴェントガーデン1994年&..... [雑記帳]
テレビ放送されたときに見ました。1995年5月2日だったようです。テレビ番組案内雑誌の惹句、カラスの再来(歌も容姿も)でしたが、翌日、職場の同僚(年配男性)が「ソプラノ、凄い美人だね!」と言ったものです。 「凄い」と言うほどかしらとちょっとびっくりしました・・・けど、確かにオペラ的には「凄い」美人かもしれませんね。1幕はちょっと物足りないような気はしましたけど、動きも決まっていて美しいですし・・ 対して、いつものことながら、テノールはこれと言って、魅力なし・・ 2幕が特に感動的。父ジェルモ... [続きを読む]

受信: 2006/02/13 10:00

» バルトーク「青ひげ公の城」 [雑記帳]
「ペローの童話『青ひげ』やヨーロッパに流布した青髭伝説を素材に、映画理論の著作研究で有名なB・バラー ジュが台本化したバルトーク唯一のオペラ。歌詞はハンガリー語。 物語は吟遊詩人の前口上から始まる。“これから語るのは古城に まつわる昔ながらの言い伝え。よく耳を澄まして話を聞いてごらんなさい…”ユディットは身内とも別れる覚 悟で青ひげ公に嫁いだ。暗い大広間には7つの大扉があり、光を入れるため開けてと彼女は公に懇願。“ 愛し ているから!”の言葉に、彼は鍵を...。メガヘイ監督は、男女の愛や人間性の本... [続きを読む]

受信: 2006/03/30 07:56

» ラ・トラヴィアータ〜ロイヤル・オペラ [プラムの部屋♪]
 久しぶりに堪能しましたゲオルギューのヴィオレッタ 美人というより愛らしい印象がありますが、いずれにしても絵になる方ですネ。 この公演に寄せられた賛辞の嵐は凄まじいものがあったそうで 「あたかも時間が止まってしまったかのような感激に浸らせた」 「ゲオルギューは心で歌うヴィオレッタを見せてくれた」等々。。 この公演でタクトを振った、かのサー・ゲオルグ・ショルテ�... [続きを読む]

受信: 2006/10/18 00:09

« バルサの危険な船出 | トップページ | チェルシーがとまらない »