« 『金鶏』(シャトレ座) | トップページ | 『トロヴァトーレ』(メトロポリタン歌劇場) »

2005/08/20

『ヴォツェック』(ウィーン国立歌劇場)

dvd-wozzeckDVDライブラリーより。

ビュヒナーの未完戯曲『ヴォイツェック』をもとにしたベルクの歌劇。

ドレーゼンの(写実と抽象を織り交ぜた)暗めで簡潔な舞台の中で、グルントヘーバー、ベーレンスらが迫真の歌唱を披露。ベルクの緻密で緊迫感に溢れる音楽をアバドがドラマチックに描き出している。本来は最後一人残された子供がやがて他の子供たちの後を追う場面が入るが、ドレーゼンはその部分をカット。悲劇性をより強調している。

★★★★

ヴォツェック:フランツ・グルントヘーバー
マリー:ヒルデガルト・ベーレンス
鼓手長:ワルター・ラファイナー
アンドレス:フィリップ・ラングリッジ
大尉:ハインツ・ツェドニク
医師:オーゲ・ハウグラン
マルグレート:アンナ・ゴンダ

合  唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
管弦楽:ウィーン国立歌劇場管弦楽団
指  揮:クラウディオ・アバド
演  出:アドルフ・ドレーゼン

[  収録:1987年6月、ウィーン国立歌劇場  ]

|

« 『金鶏』(シャトレ座) | トップページ | 『トロヴァトーレ』(メトロポリタン歌劇場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5543602

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヴォツェック』(ウィーン国立歌劇場):

« 『金鶏』(シャトレ座) | トップページ | 『トロヴァトーレ』(メトロポリタン歌劇場) »