« 『アルジェのイタリア女』(パリ・オペラ座) | トップページ | 『スペードの女王』(キーロフ歌劇場) »

2005/08/31

オーウェンを待ちながら

プレミアリーグ 第3週
ニューカッスル 0-2 マンチェスターU

今シーズンまだ無失点のユナイテッドと、今シーズンまだ無得点のニューカッスルの一戦。ニューカッスルはスペインから移籍してきたばかりのFWルケを早速起用し、念願のゴールを狙います。そして13分、シアラーのシュートをGKのファン・デル・サールが弾いたところをそのルケが押し込んで、やったあ、これは誰がどう見ても文句なしの・・・・・・オフサイドだあ(爆)。

ニューカッスルもよく攻め込み、惜しい場面も作るのですが、凡ミスもあってゴールは奪えません。そうしていると、エムレ、ダイアーが前半のうちに、さらに後半になってボウヤーまでもが負傷交代を余儀なくされます。ついてないチームというのはこういうものです。

ユナイテッドは今シーズン初めてクリスティアーノ・ロナウドを先発させますが、こちらも惜しい場面は作るものの、ゴールには至らず。すっかり試合が膠着してしまった66分、GKファン・デル・サールが前線にロングフィードしたボールをニューカッスルのDFブンソンが処理し損ねているところをルーニーが横からかっさらって、あっさりゴール。得点とはこんなにも簡単に入るもんだという、お手本みたいなゴールです。

さらに試合終了間際、右サイドを駆け抜けたルーニーからゴール前のファン・ニステルローイへのクロスが通ってしまい(これもブンソンのクリア・ミスだよなあ)、とどめの一発(ファン・ニステルローイはこれで3戦連発です)。ニューカッスルはまたもや零封されてしまいました。これはかなり深刻ですね。

リバプールとの話がまとまらなかったオーウェンが、このニューカッスルへ完全移籍するそうですが、彼も凄いチームを選んだもんです。ま、レアルと違って、先発できそうだからいいのかな?チーム初得点を目指して、是非頑張ってください(笑)。

|

« 『アルジェのイタリア女』(パリ・オペラ座) | トップページ | 『スペードの女王』(キーロフ歌劇場) »

コメント

TBサンクスです。

ほんとオーウェンは火の中に飛び込むみたいなもんですね。
おっ、燃えるかも^^

レアルは出れないから絶対出たかったんでしょうからニューカッスルに行くしかなかったんですよね。

まぁ、楽しみと言えば楽しみです。

投稿: tity | 2005/08/31 19:51


tityさん、どうも。
おおいに燃えてもらいましょう、オーウェンには^_^;;

投稿: Orfeo | 2005/08/31 21:25

トラックバックありがとーです!

また遊びに来ますね!
またトラックバックさせてくださいー。

オーウェン、なぜにニューカッスル…。


お邪魔しました。

投稿: アカフュ | 2005/09/01 22:50


アカフュさん、どうも。
いつでもトラックバックしてください^_^;;

オーウェンはニューカッスルで輝きを取り戻すことが出来るのでしょうか?
不安ですね(笑)。

投稿: Orfeo | 2005/09/02 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5719826

この記事へのトラックバック一覧です: オーウェンを待ちながら:

» ニューカッスルのオーウェンが決定したみたい。 [アーセナルが好きなんですが・・・]
オーウェンさんの移籍問題はやっと決着が付きましたね。 レアルで出れないよりはニューカッスルで出れた方がよか。シアラーのおじさんも誘ってくれてるし。でもやっぱレッズに戻りたかったよぉん。 なんてオーウェンさんは呟いた。 らしい。 レッズからレアル移籍... [続きを読む]

受信: 2005/08/31 19:51

» オーウェン、とうとうプレミア復帰<サッカー:プレミアリーグ> [ダンナの趣味の部屋]
オーウェン、レアルからニューカッスルへ移籍決定。 1年でリーガ・エスパニョーラからイングランド・プレミアリーグへ 復帰することになるとは・・・ それも古巣レッズではなくシアラーのいるマグパイズ。 レアルは今シーズンからブラジル色へ変貌を遂げている。 FWもロ... [続きを読む]

受信: 2005/08/31 20:29

» 胃痛とサッカーと [シンプルな日々]
いやはや、なんとか無事です。昨日は水分をたくさん取るために、いろんなドリンクを飲む。さすがにアルコールは控えてみた。今日、医者にしこたまクスリをいただき、今のところは無事。荒れてるらしい胃はいつ回復してくれるんでしょー。注意力不足でした。うーむ、かっこ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 18:24

« 『アルジェのイタリア女』(パリ・オペラ座) | トップページ | 『スペードの女王』(キーロフ歌劇場) »