« 『仮面舞踏会』(ザルツブルク音楽祭) | トップページ | アーセナル、復調? »

2005/08/25

『マクロプーロス事件』(グラインドボーン音楽祭)

dvd-makropuloscaseDVDライブラリーより。

ヤナーチェク作。

齢337歳にならんとするエミリアを幽玄に演ずるアニヤ・シリアには脱帽するしかない。男たちに求愛されたり、色仕掛けをしかけたり、本当にヤッテしまったりするんだから、もうちょっと若い人にやってもらいたいという向きもあるかもしれないが(私も最初そう思った)、それでは話が絵空事になってしまう。この役に打ち込んだシリアの執念が、SFチックな作品にリアルな現実感を与えている。

★★★

エミリア・マルティ:アニヤ・シリア
アルベルト・グレゴル:キム・ベグリー
プルス男爵:ヴィクトール・ブラウン
コレナティ博士:アンドリュー・ショア
ヴィーテク:アンソニー・ローデン
クリスチーナ:マニュエラ・クリスカ
ヤネク:クリストファー・ヴェントリス
ほか

管弦楽:ロンドン・フィルハーモニック
指  揮:アンドリュー・デイヴィス
演  出:ニコラウス・レーンホフ

[  収録:1995年、グラインドボーン音楽祭歌劇場  ]

|

« 『仮面舞踏会』(ザルツブルク音楽祭) | トップページ | アーセナル、復調? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5611651

この記事へのトラックバック一覧です: 『マクロプーロス事件』(グラインドボーン音楽祭):

« 『仮面舞踏会』(ザルツブルク音楽祭) | トップページ | アーセナル、復調? »