« レアルの憂鬱 | トップページ | 2005/07/26 »

2005/07/26

『セビリアの理髪師』(ネーデルランド歌劇場)

dvd-barbieredisivigliaDVDライブラリーより。

ロッシーニ作。イタリアの劇作家、演出家、役者、舞台美術家にしてノーベル賞作家でもあるダリオ・フォーが手掛けた舞台。コメディア・デ・ラルテに強い影響を受けたとされるフォーらしく、序曲から軽妙なマイム劇が披露されるなど、躍動感に満ちた楽しい舞台になっている。音楽に合わせてセットを移動させたり、幕を広げて運河に見立ててゴンドラが現われたり、ベルタがくしゃみをすると目の前のブランコが吹っ飛んだり(笑)。その軽妙洒脱な舞台に呼応して、ゼッダがこれまた軽快な音楽を淀みなく響かせている。並んでパントマイムまで披露する歌手陣にも拍手!

★★★

アルマヴィーヴァ伯爵:リチャード・クロフト
バルトロ:レナード・カペッキ
ロジーナ:ジェニファー・ラーモア
フィガロ:デーヴィッド・マリス
バジーリオ:シモーネ・アライモ
フィオレルロ:ロジャー・スミーツ
ベルタ:レオニー・スクーン

合  唱:ネーデルランド歌劇場合唱団
管弦楽:オランダ室内管弦楽団
指  揮:アルベルト・ゼッダ
演  出:ダリオ・フォー

[  収録:1992年5月16日、ネーデルランド歌劇場  ]

|

« レアルの憂鬱 | トップページ | 2005/07/26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5157529

この記事へのトラックバック一覧です: 『セビリアの理髪師』(ネーデルランド歌劇場):

« レアルの憂鬱 | トップページ | 2005/07/26 »