« 『後宮からの誘拐』(ザルツブルク音楽祭) | トップページ | 『リゴレット』(ロイヤル・オペラ) »

2005/07/12

『ナブッコ』(ウィーン国立歌劇場)

dvd-nabucco-vienna DVDライブラリーより。

ヴェルディ没後100年にあたる2001年「ヴェルディ・イヤー」にウィーン国立歌劇場で新制作上演されたプロダクション。舞台設定は現代に移し変えられ、ナブッコ、イズマエーレたちはスーツ姿、アビガイッレはドレスを身にまとって登場する。随分節約型の舞台で、装置らしいものはほとんど出て来ない。大きなところでは、舞台奥の半円形の壁と途中文字が映し出される紗幕程度だ。クレーマーという演出家(1940年生まれ。95年よりドイツのケルン市立歌劇場の総支配人)はいわゆる「読み替え」演出の常習者のようだが、それにしてもこれは陳腐すぎる仕事ではないのか?こんなのを「モダン」と呼ぶのは間違っている気がする。これではたんなる「コンサート」だろう。その上、まるでホロコーストの死者たちが墓場で横たわって唱和しているかのような「わが思いよ、金色の翼に乗って行け」の場面には正直引いてしまった(しかも途中で亡霊のように立ち上がってくるし・・・)。趣味が悪すぎる。歌手の中ではやはりレオ・ヌッチ。それを若いファビオ・ルイージが好サポートして盛り上げる。

★★

ナブッコ:レオ・ヌッチ
イズマエーレ:ミロ・ドヴォルスキー
ザッカーリア:ジャコモ・プレスディア
アビガイッレ:マリア・グレギーナ
フェネーナ:マリナ・ドマシェンコ
ほか

バレエ:ウィーン国立歌劇場バレエ学校
合  唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
管弦楽:ウィーン国立歌劇場管弦楽団
指  揮:ファビオ・ルイージ
演  出:ギュンター・クレーマー

[  収録:2001年6月9日、ウィーン国立歌劇場  ]

|

« 『後宮からの誘拐』(ザルツブルク音楽祭) | トップページ | 『リゴレット』(ロイヤル・オペラ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/4940517

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナブッコ』(ウィーン国立歌劇場):

« 『後宮からの誘拐』(ザルツブルク音楽祭) | トップページ | 『リゴレット』(ロイヤル・オペラ) »