« 『シモン・ボッカネグラ』(イタリア歌劇団) | トップページ | 『エフゲニー・オネーギン』(パリ・オペラ座) »

2005/07/14

『カルメル派修道女の対話』(サイトウ・キネン・フェスティバル)

DVDライブラリーより。

プーランクの美しい音楽にのって、身の毛のよだつようなコワーイお話が展開する。ザンベッロの演出、というよりは、ジャン・カルマンの照明技術の妙が冴え渡る、雰囲気満点の薄暗い舞台だ。最後のギロチンの場面は鳥肌もの。夏の夜にはオススメかも(?)。小澤の指揮はやや平板だが、過度に煽らず音楽を透明に響かせている。

★★★

ブランシュ:パトリシア・ラセット
ド・クロワッシー:フェリシティー・パーマー
マリー:ベス・クレイトン
リドワーヌ:クリスティン・ゴーキー
コンスタンス:マリー・デヴェレロー
マチルド:ジョイス・ディドナート
ジャンヌ:シーラ・ナドラー
ド・ラ・フォルス侯爵:ビクター・ブラウン
騎士:ウィリアム・バーデン
従僕・司祭:ジョルジュ・ゴティエー
士官1:ジャン=ピエール・トレヴィザニ
士官2、公吏:ゲタン・ラペリエール
獄吏、医師:キム・ジュリアン
老女:シルビー・デュボワ、キャロル・シャブリー
老紳士:ピーター・ブランシェット

合  唱:東京オペラ・シンガーズ
管弦楽:サイトウ・キネン・オーケストラ
指  揮:小澤征爾
装  置:ヒルデガード・ベクトラー
衣  裳:クラウディ・ガスティーヌ
照  明:ジャン・カルマン
演  出:フランチェスカ・ザンベッロ

[  収録:1998年9月、長野県松本文化会館  ]

|

« 『シモン・ボッカネグラ』(イタリア歌劇団) | トップページ | 『エフゲニー・オネーギン』(パリ・オペラ座) »

コメント

引越し、おめでとうございます。
これからもよろしくお願いします。
しかし、某ブログが激重で皆さん引越しされていきます、が!今日はかなり快適に観覧、書きこみが出来ます。

いつでも戻ってきてくださいね。
(記事と違うのでもうしわけございません。)

投稿: Rボーダー | 2005/07/14 21:16


Rボーダーさん、新居へようこそ。
こちらの方も、よろしくお願いします。

そちらもずっと快適になるといいですね。陰ながら(?)、お祈りいたします。

投稿: Orfeo | 2005/07/15 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/4969951

この記事へのトラックバック一覧です: 『カルメル派修道女の対話』(サイトウ・キネン・フェスティバル):

« 『シモン・ボッカネグラ』(イタリア歌劇団) | トップページ | 『エフゲニー・オネーギン』(パリ・オペラ座) »