« マドリードは守られた? | トップページ | 2005/07/28 »

2005/07/28

『皇帝ティトゥスの慈悲』(グラインドボーン音楽祭)

dvd-titoDVDライブラリーより。

モーツァルト晩年の作品。

イギリスの舞台演出家、兼映画監督であるハイトナーの舞台(この人は『回転木馬』や『ミス・サイゴン』などのミュージカルの演出家としても名高い)。場面に応じて様子が変化する、舞台を取り囲む湾曲した壁、そこに開いた歪んだ形の通路、傾斜した床、天井から降りてくる階段・・・。シンプルだが大変美しく、格調高い構成になっている。音楽もデイヴィスの安定した指揮の下、歌手陣、コーラスを含め、美しい響きを聴かせている。とりわけラングリッジの存在感はさすがと言うべきか。

★★★

ティトゥス:フィリップ・ラングリッジ
ヴィテリア:アシュレー・プトナム
セスト:ダイアナ・モンタギュー
アンニオ:マーティン・マーエ
セルヴィリア:エリザベータ・シュミトカ
プブリオ:ピーター・ローズ

合  唱:グラインドボーン音楽祭合唱団
管弦楽:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:アンドリュー・デイヴィス
演  出:ニコラス・ハイトナー

[  収録:1991年、グラインドボーン音楽祭歌劇場  ]

|

« マドリードは守られた? | トップページ | 2005/07/28 »

コメント

アンドルー・デイヴィスってのはびどい野郎で、パリで《バラの騎士》を振った時、毎度休演日(中2日)にロンドンへ帰っちゃってたんだよ(契約では禁止されていた)。ある日英国の全空港がストで公演に戻って来れなくなった。オペラ座が自家用機を差し向けようとも空港がストじゃあねえ…。当時ユーロスターもなかったし。
そこでオペラ座機は一路南へ。モンテカルロにいたマレク・ヤノフスキに代役を頼んだんだけど、ぶっつけ本番で振った公演が、ちょっと信じられないほどの名演になっちゃって、即座に《トリスタン》が決まっちゃう、放送フィルの常任指揮者の話は持ち込まれる…。でヤノフスキはパリで欠くことのできない指揮者になっちゃった。他方、アンドルー・デイヴィスの方は最低10年間はパリに呼ばれなかったんじゃない?…。
きのけん

投稿: きのけん | 2005/07/30 19:28


デイヴィスって、私は結構好きなんですけど、そんなことやってたんですか?
ふ~ん。
たしか彼って、イギリスからも一時追い出されて、アメリカに渡って不遇をかこっていたところを、やっとハイティンクが救いの手を差し伸べて呼び戻したんでしたよね。なにか性格上の問題でもある人なんでしょうかね?

投稿: Orfeo | 2005/07/30 20:07

Orfeoさん、こんにちは。
同じ映像ではないのですが、リンクとTBさせていただきますm(_ _)m

投稿: edc | 2006/11/01 10:15


edcさん、こんにちは。
リンク&TB、ありがとうございます^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/11/01 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5199182

この記事へのトラックバック一覧です: 『皇帝ティトゥスの慈悲』(グラインドボーン音楽祭):

» モーツァルト「皇帝ティートの慈悲」 [雑記帳]
モーツァルト最後のオペラ・セリア。レオポルド2世のボヘミア王としての戴冠式1791年9月6日の祝典用オペラとして作曲され、プラハでの戴冠式後に上演されたそうですが、王妃はつまらないと露骨に発言するやらで、失敗に終わったとか。 同じ映像ではありませんが、あらすじその他、おなじみOrfeoさんのオペラ・レビューを参考にしてください。チューリヒ歌劇場 グラインドボーン音楽祭 もうずいぶん昔に観たのが、ポネル演出の映画版ですが、王妃さまと同じ。映像は美しいけど、退屈で、なんだかよくわからないまま。「イ... [続きを読む]

受信: 2006/11/01 10:15

« マドリードは守られた? | トップページ | 2005/07/28 »