« はじめまして | トップページ | 『地獄のオルフェ(天国と地獄)』(リヨン国立歌劇場) »

2005/07/11

『カルメン』(オランジュ音楽祭)

NHK BS-hivisionにて視聴。

ジェローム・サヴァリという演出家はかってグランド・マジック・サーカスという一座を率いていただけあって、大道芸的見世物趣向を好んでいる。そんな彼もついにはパリのシャイヨー国立劇場の総監督の座にまで登り詰め(現在はオペラ・コミック座の方に移っているが)、押しも押されぬフランスの代表的演出家(アルゼンチン出身だけど)となっている。私は数年前、パリ・オペラ座(バスティーユ)で彼の演出した『リゴレット』の公演を見る機会があったけれど、やはりサーカス芸がふんだんに出て来る、スペクタクルな舞台だった。そんな彼が『カルメン』をやるとどうなるか・・・?

案外、彼にしては静的過ぎるオーソドックスな舞台だ。群集の扱いにその片鱗を見せてはいるが、それも際立つほどではない。終盤になってやっといつもながらのパフォーマンスが出て来るが、それもほんの一瞬だ。概ね暗闇が支配している舞台だったから、なにか全体的に平板な印象が残ってしまう。カーテンコールで現れたサヴァリの姿は、すっかり好々爺といった趣きで、彼ももうさすがに落ち着いてしまったのかな、という印象。それにしても、このオランジュの古代劇場って、思ったよりも巨大な空間だ。それはそれで十分スペクタクルなのだが、いかんせんこう暗くては・・・。 ユリア=モンゾンのカルメンはちょっと線が細い。アラーニャは・・・こういう役が似合うよね(笑)。

★★

カルメン:ベアトリス・ユリア=モンゾン
ミカエラ:ノラ・アンセレン
ドン・ホセ:ロベルト・アラーニャ
エスカミーリョ:リュドヴィク・テジエ
ほか

合  唱:ニース歌劇場合唱団  
      ツーロン歌劇場合唱団  
           アビニョン歌劇場合唱団  
           オランジュ音楽祭合唱団  
           ブッシュ・デュ・ローヌ少年少女聖歌隊
バレエ:アビニョン歌劇場バレエ団
管弦楽:フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:チョン・ミョンフン
演  出:ジェローム・サヴァリ

[  収録: 2004年8月3日、 オランジュ古代劇場 (フランス)  ]

 

|

« はじめまして | トップページ | 『地獄のオルフェ(天国と地獄)』(リヨン国立歌劇場) »

コメント

早速TBやってみましたが成功したでしょうか?
まだ使い勝手が分からなくて・・・^^;

投稿: プラム | 2005/07/12 16:49

プラムさん、早速のTB、ありがとうございます。ちゃんと付いてますよ。こちらからもやってみました。使い方の勉強になりました^^;;

投稿: Orfeo | 2005/07/12 17:08

こんにちは、はじめまして。いきなり不躾な質問で、大変恐縮なのですが、こちらのオランジュ音楽祭の「カルメン」全曲版を、DVDもしくはビデオでお持ちではないですか?もしも出来ましたらコピーさせて頂けると、とっても嬉しいのですが、、、?宜しくお願い致します。

投稿: たま | 2005/07/30 23:06


たまさん、はじめまして。
余程この公演に強い関心をお持ちでいらっしゃるようですが、コピーの話は文字どおりご法度なので、ご勘弁ください。どのみち、これはBS-hiのコピワン放送だったので、ダビングすることは不可能です。

*9月9日にBS-2でまた放送するみたいですよ。

投稿: Orfeo | 2005/07/31 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/4926631

この記事へのトラックバック一覧です: 『カルメン』(オランジュ音楽祭):

» カルメン [プラムの部屋♪]
原作はフランスの作家プロスペル・メリメの中篇小説ですが、フランスの作曲家、ジョルジュ・ビゼーの歌劇としての方が有名ですね。1875年、パリ・コミック座の初日が散々な結果だった事、オペラファンの間では結構有名ですよね。その頃の歌劇に求められていたのは、主に穏やかで上品な恋愛劇で、美しいバレエ・シーンの入るグランド・オペラが主流でした。が!『カルメン』は正反対―――ジプシーそのものの自由奔放な女性がヒロイ... [続きを読む]

受信: 2005/07/12 16:48

» コンポーザーXの今月の1枚〜チョン・ミョンフン フランス放送フィルハーモニー管弦楽団 [コンポーザーXの怒涛のクラシックCD批評]
コンポーザーXの今月の1枚〜ブラームス:交響曲 第2番他     指揮 チョン・ミョンフン フランス放送フィルハーモニー管弦楽団チョン・ミョンフン指揮のフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団のDVDをみた。2002年の来日公演、東京のサントリーホールの公演...... [続きを読む]

受信: 2005/08/15 16:41

« はじめまして | トップページ | 『地獄のオルフェ(天国と地獄)』(リヨン国立歌劇場) »