« 『ナブッコ』(ウィーン国立歌劇場) | トップページ | 『美しきエレーヌ』(シャトレ座) »

2005/07/12

『リゴレット』(ロイヤル・オペラ)

dvd-rigoletto-royalDVDライブラリーより。

冒頭から過激、猥褻なシーンが登場し、見た目驚かされる。だが、なにせかってマリア・ユーイングを素っ裸で踊らせたロイヤル・オペラのことだから、これぐらいの表現は許容範囲なんだと思って目をつぶる(・・・しっかり見開いている?)。とはいえ、マクヴィカーの演出は極めて伝統的なラインに則っているようだ。そういう意味では目新しさはない。公爵、リゴレットなどの人物描写も常套的。不気味な雰囲気のセットもよく作り込んである。おかげで清楚なシェーファーのジルダがよく引き立つこと。そういう点でこれは上手い演出だと思う。エネルギッシュなガヴァネルリ、精悍なアルバレス、そしてシェーファー
と、皆それぞれにハマッている。

★★★

マントヴァ公爵:マルセロ・アルバレス
リゴレット:パオロ・ガヴァネルリ
ジルダ:クリスティーネ・シェーファー
スパラフチレ:エリック・ハーフヴァーソン
マッダレーナ:グラシエラ・アラヤ
ジョヴァンナ:エリザベス・シコラ
モンテローネ伯爵:ジョヴァンニ・バッティスタ・パローディ
ほか

合  唱:コヴェントガーデン王立歌劇場合唱団
管弦楽:コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
指  揮:エドワード・ダウンズ
美  術:ミシェル・ベイル
演  出:デーヴィッド・マクヴィカー

[  収録:2001年9月23日、ロイヤルオペラハウス  ]

|

« 『ナブッコ』(ウィーン国立歌劇場) | トップページ | 『美しきエレーヌ』(シャトレ座) »

コメント

とっても遅まきですけど、チューリヒのリゴレットを見て、検索で発見。チューリヒの記事にリンクさせていただきました。こちらと同じ映像の記事はTBしましたので、よろしくお願いします。

投稿: edc | 2007/10/30 09:45


edcさん、毎度ありがとうございます^_^;;
早速お邪魔させていただきます。

投稿: Orfeo | 2007/10/30 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/4940695

この記事へのトラックバック一覧です: 『リゴレット』(ロイヤル・オペラ):

» リゴレット [雑記帳]
このオペラ、まだ劇場で見たことがありません。ポネル演出の映画版がはじめてですが、とてもおもしろくて、繰り返し視聴しました。その後、劇場公演の映像もいろいろ見ましたが、惹き付けられたものはなかったのですけど、コヴェントガーデン2001年 の映像が劇場公演収録映像初の当たりになりました。グランドボーン音楽祭の「ルル」で印象的だったクリスティーネ・シェーファー(1965- ドイツ)のジルダも気に入りましたが、それにもまして公爵の存在感にびっくり。パヴァロッティ公爵とは対照的ですが、大いに納得の公爵です。... [続きを読む]

受信: 2007/10/30 09:43

« 『ナブッコ』(ウィーン国立歌劇場) | トップページ | 『美しきエレーヌ』(シャトレ座) »