« 『微笑みの国』 | トップページ | 2005/07/23 »

2005/07/23

『ナブッコ』(ミラノ・スカラ座)

dvd-nabucco-scala追悼 ディミトローヴァ

DVDライブラリーより。

ムーティがミラノ・スカラ座の音楽監督に就任して迎えた1986-87年シーズンの幕開け公演のライブ。序曲からムーティの力強い音楽の運びが聴こえてくる。舞台も伝統的なラインに則ったスカラ座らしい壮麗な仕上がりを見せており、まさにムーティの船出には相応しいものといえるだろう。このオペラはやはりナブッコとアビガイッレが要諦だが、ブルゾン、ディミトローヴァという強力なコンビがその声の威力を遺憾なく発揮している。コーラスの出来も勿論申し分ない。

★★★★

ナブッコ:レナート・ブルゾン
イズマエーレ:ブルーノ・ベッカリア
ザッカリーア:パータ・ブルチュラーツェ
アビガイッレ:ゲーナ・ディミトローヴァ
フェネーナ:ラクエル・ピエロッティ
ベルの大司教:マリオ・ルーペリ
アブダルロ:エルネスト・ガヴァッツィ
アンナ:フランチェスカ・ガルビ

合  唱:ミラノ・スカラ座合唱団
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団
指  揮:リッカルド・ムーティ
演  出:ロベルト・デ・シモーネ

[  収録:1986年12月、ミラノ・スカラ座  ]

|

« 『微笑みの国』 | トップページ | 2005/07/23 »

コメント

ムーティ若き日の「ナブッコ」の録音大好きです!この演奏でもとがってますか?年取ってかなり落ち着いてるかな?ブルゾンのナブッコはちょっと物足りないのではと想像してしまいますが、レヴューによるとそんなことなさそうですね。このオペラ、ちゃんと映像で見たことがないので、このムーティの演奏でぜひ見てみたいところです。

投稿: ふじ | 2005/07/23 18:44


はい、推進力に富んだ、とんがった演奏だと思います。若かりし頃は、こんなもんじゃ済まなかったでしょうけど。
ブルゾンも、悪くないと思いますよ。でも、これ、国内では発売されていないような気が・・・。

投稿: Orfeo | 2005/07/23 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5112494

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナブッコ』(ミラノ・スカラ座):

« 『微笑みの国』 | トップページ | 2005/07/23 »