« 『ルル』(チューリヒ歌劇場) | トップページ | 『西部の娘』(ミラノ・スカラ座) »

2005/07/24

『アルセスト』(シャトレ座)

dvd-alcesteDVDライブラリーより。

アメリカの演出家、ロバート・ウィルソンの舞台の特徴は、ほとんど装置を用いないその大胆な舞台構成にある。この『アルセスト』においても彼はこの路線を踏襲し、背景は左右からせり出す壁とシンプルな陰影を映し出すホリゾントのみで表現する。そこには立方体のオブジェが浮遊し、回転しながら絶えず位置やその大きさを変えて場の雰囲気を変える(時に裸身像が現れ、そのオブジェが台座になったり、火が点されたりもする)。人物たちはまるで能役者のような身振りを付けながら徘徊し、そして歌い続ける。極度に抽象化、様式化された舞台ではあるが、それがグルックの劇的、かつ荘厳な音楽をより引き立てることになっている。ウィルソンとガーディナーのコラボレーションが結実した、美しいプロダクションだ。フォン・オッターが気品に満ちたアルセストを好演している。

★★★

アドメート:ポール・グローヴズ
アルセスト:アンネ・ソフィー・フォン・オッター
大司祭/ヘラクレス:ディートリヒ・ヘンシェル
エヴァンドロ:ヤン・ブロン
伝令/アポロン:ルドヴィック・テジエ
神託/地獄の神:フレデリック・カトン

合  唱:モンテヴェルディ合唱団
管弦楽:イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
指  揮:ジョン・エリオット・ガーディナー
振  付:ジュゼッペ・フリジェニ
演  出:ロバート・ウィルソン

[  収録:1999年10月、パリ・シャトレ座  ]

|

« 『ルル』(チューリヒ歌劇場) | トップページ | 『西部の娘』(ミラノ・スカラ座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5129374

この記事へのトラックバック一覧です: 『アルセスト』(シャトレ座):

« 『ルル』(チューリヒ歌劇場) | トップページ | 『西部の娘』(ミラノ・スカラ座) »