« 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | 『アドリアーナ・ルクヴルール』(ミラノ・スカラ座) »

2005/07/30

『椿姫』(ミラノ・スカラ座)

dvd-traviata-scalaDVDライブラリーより。

イタリアの女流演出家、兼映画監督であるカヴァーニの舞台。目新しさはないが、さすがにスカラ座らしい堂々たる出来映えだ。そんなことよりなにより、この公演はスカラ座にとって大変意味深いものだった。というのも、マリア・カラスの名舞台以来、長らくスカラ座では『椿姫』が封印されてきたのだが、それがついに解き放たれたのがこのプロダクションだったのだ(プレミエは1990年4月21日>情報提供 by keyakiさん)。その大役を任されたファッブリチーニがさすがに素晴らしい。歌のラインも流麗で、絶唱してもフォームが崩れることがない。90年にこのアルフレードでスカラ座デビューを果たしたアラーニャも伸びやかな歌声を披露、ムーティが締まりの
ある音楽を響かせている。

★★★

ヴィオレッタ:ティツィアーナ・ファッブリチーニ
アルフレード:ロベルト・アラーニャ
ジェルモン:パオロ・コーニ
フローラ:ニコレッタ・クリエル
アンニーナ:アントネルラ・トレヴィザン
ドゥフォール男爵:オラツィオ・モーリ
ドビニー侯爵:エンツォ・カプアーノ
グランヴィル:フランチェスコ・ムジーヌ
ガストン子爵:エンリコ・コッスッタ
ジュゼッペ:エルネスト・ガヴァッツィ

合  唱:ミラノ・スカラ座合唱団
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団
指  揮:リッカルド・ムーティ
演  出:リリアーナ・カヴァーニ

[  収録:1992年3月29日~4月7日、ミラノ・スカラ座  ]

|

« 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | 『アドリアーナ・ルクヴルール』(ミラノ・スカラ座) »

コメント

そうそう、この頃はムーティとスカラ座の間も蜜月で、オケのストの時なんか、ムーティ自身のピアノ伴奏で上演したなんてこともありましたよねえ。あの頃は頼りになる親分という感じだったですが…。
確か、スカラ座が法人化された時もムーティと楽員たちは連帯して反対していたと記憶しますが…。
蜜月時代の思い出の演奏?…かな。
これ、僕も持ってます。
きのけん

投稿: きのけん | 2005/07/30 18:21


おおお!お待ちしてましたよ、きのけんさん!
一時復帰?それとも、完全復帰ですか?なんか、あっと言う間に「最近のコメント」欄がきのけんさんに占領されつつあるなあ(笑)。
また、よろしくお願いします、です。

そうそう、ドラゴンさんが、よろしく、とのことです。

投稿: Orfeo | 2005/07/30 19:45

1964年12月17日、ゼッフィレッリ演出、カラヤン、フレーニの椿姫が、中止になった有名な公演のようですが、少なくとも初日は大騒ぎであっても最後までやって、フレーニが降板、二日目は、モッフォが代役に立ったが、結局公演を中止してしまったようです。
この公演自体なかったことにされてしまったんでしょうか。
私のスカラ座公演記録は1968年からですので、その辺は、確認できませんので・・・・
二日目には"猫ちゃんパラシュートで舞台に降下"事件があったそうで、想像すると可笑しくて、笑っちゃいます。パラシュートをつけて、ふわふわ浮いている猫・・・カワイイ!

投稿: keyaki | 2005/07/31 09:22


うん、なかったことにしたいようです。カラスのあとにフレーニじゃなぁ(爆)。
猫ちゃんパラシュート、おもろすぎ!

投稿: Orfeo | 2005/07/31 09:55


Orfeoさん、こんばんは。
なんだ、アラーニャはアルフレード大得意なんですね。
(歌手に無知でごめんなさい)
5年くらい前だったかな、モンテカルロ歌劇場の公演があったとき
演目が「椿姫」「カルメン」だったと思うのですが
ポスターにはアラーニャ&ゲオルギュー!!と書いておいて
二人は一緒に出ずに、ヴィオレッタをゲオルギュー、
ホセをアラーニャが演じたんですよ。
あれって二人とも聴きたけりゃ、両公演買いな!っていう
主催者側の策略だったんですかしらねえ(^_^; 賢いな。
しかし何故覚えていたかというと、私ホールのアナウンスに行って
タダでみたのだ、キヒヒヒヒ

投稿: hiyoko | 2005/07/31 20:47


hiyokoさん、こんばんは。
これのことですね。

『カルメン』(モンテカルロ歌劇場)
http://orfeo.cocolog-nifty.com/orfeoblog/2005/07/post_747a.html

タダで見れたんだから、文句はなしですね^_^;;
今、このカップルは、オランジュ音楽祭で甘い甘い『ボエーム』に出演中、だそうです。

投稿: Orfeo | 2005/07/31 22:28

あ、勿論文句なんて全然ありませーん。
上手の舞台袖からだから視覚的には観にくかったですけど
歌は堪能できました~

へええ。ゲオルギューのミミなら視覚的にも良くて
皆さん大納得なんでしょうね。
ムゼッタも好きですけど!!

投稿: hiyoko | 2005/08/03 18:30


うん、堪能出来て、なによりです。
ゲオルギューのミミは・・・やはり一度見てみたいですね。

投稿: Orfeo | 2005/08/03 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5227070

この記事へのトラックバック一覧です: 『椿姫』(ミラノ・スカラ座):

» ヴェルディ「椿姫」スカラ座 1992年 [雑記帳]
オペラと言えば、「椿姫」ということなのか、テレビ放送されることが多いような気がします。この映像も、各種「椿姫」がほとんど合い前後してテレビ放送されたもののひとつだったと思います。 ムーティが「美男美女でやるぞ!」と言ったとか・・・ 女性映画監督の演出も話題になったかもしれません。「愛の嵐」と「フランチェスコ」しか観てませんけど、それだけでも、かなり特異な印象の強い映画みたいに強烈というようなことはなく、ごく普通の演出。 ヴェルディ 椿姫/ラ・トラヴィアータ リッカルド・ムーティ指揮、ミラノ・ス... [続きを読む]

受信: 2006/02/15 09:10

« 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | 『アドリアーナ・ルクヴルール』(ミラノ・スカラ座) »