« 『オテロ』(フィレンツェ五月音楽祭) | トップページ | 『こうもり』(バイエルン州立歌劇場) »

2005/07/17

オペラ・レヴューINDEX

(五十音順)

<あ行>
『アイーダ』(イタリア歌劇団)

『アイーダ』(サンフランシスコ歌劇場)
『アイーダ』(メトロポリタン歌劇場)
『アイーダ』(モネ劇場)
『アイーダ』(ロイヤル・オペラ)
『愛の妙薬』(リヨン国立歌劇場)
『アグリッピーナ』(トゥルコワン市立劇場)
『アッティラ』(ヴェローナ音楽祭)
『アドリアーナ・ルクヴルール』(イタリア歌劇団)

『アドリアーナ・ルクヴルール』(ミラノ・スカラ座)
『アラベラ』(メトロポリタン歌劇場)
『アルジェのイタリア女』(パリ・オペラ座)
『アルセスト』(シャトレ座)
『アルチーナ』(シュトゥットガルト州立歌劇場)
『アルフォンゾとエストレルラ』(ウィーン芸術週間)
『イェヌーファ』(プラハ国民劇場)
『イーゴリ公』(ロイヤル・オペラ)
『イタリアのトルコ人』(ミラノ・スカラ座)
『イドメネオ』(グラインドボーン音楽祭)
『イドメネオ』(ザルツブルク音楽祭)
『イドメネオ』(ミラノ・スカラ座)
『妹に恋した兄』(ミラノ・スカラ座)
『ヴェネツィアの一夜』
『ヴォツェック』
『ヴォツェック』(ウィーン国立歌劇場)
『美しきエレーヌ』(シャトレ座)
『ウリッセの帰還』
『ウリッセの帰還』(チューリヒ歌劇場)
『エディプス王』(サイトウ・キネン・フェスティバル)
『エフゲニー・オネーギン』(グラインドボーン音楽祭)
『エフゲニー・オネーギン』(バーデン・バーデン祝祭劇場)
『エフゲニー・オネーギン』(パリ・オペラ座)
『エフゲニー・オネーギン』(ボリショイ・オペラ)
『エルミオーネ』(グラインドボーン音楽祭)
『エレクトラ』(ウィーン国立歌劇場)
『オテロ』
『オテロ』(東京のオペラの森)
『オテロ』(フィレンツェ五月音楽祭)
『オテロ』(ベルリン州立歌劇場)
『オテロ』(ミラノ・スカラ座)
『オテロ』(ロイヤル・オペラ)
『オリィ伯爵』(グラインドボーン音楽祭)
『オルフェオ』(アヴィニョン歌劇場)
『オルフェオ』(トゥルコワン市立劇場)
『オルフェオ』(リセウ劇場)
『オルフェオとエウリディーチェ』(シャトレ座)

<か行>
『カヴァレリア・ルスティカーナ』
『カヴァレリア・ルスティカーナ』(イタリア歌劇団)
『カヴァレリア・ルスティカーナ』(ラヴェンナ音楽祭)
『火刑台上のジャンヌ・ダルク』(サイトウ・キネン・フェスティバル)
『影のない女』(バイエルン州立歌劇場)
『ガゼッタ』(リセウ劇場)
『カーチャ・カバノヴァー』(ザルツブルク音楽祭)
『彼方からの愛』(フィンランド国立歌劇場)
『カプリッチョ』(サンフランシスコ歌劇場)
『カプリッチョ』(パリ・オペラ座)
『神々の黄昏』(バイエルン州立歌劇場)
『神々の黄昏』(バイロイト音楽祭、1980年)
『神々の黄昏』(バイロイト音楽祭、1991年)
『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場)
『仮面舞踏会』(ザルツブルク音楽祭)

『仮面舞踏会』(ミラノ・スカラ座)
『カルメル派修道女の対話』(サイトウ・キネン・フェスティバル)
『カルメン』
『カルメン』(ウィーン国立歌劇場)
『カルメン』(オランジュ音楽祭)
『カルメン』(グラインドボーン音楽祭)
『カルメン』(メトロポリタン歌劇場)
『カルメン』(モンテカルロ歌劇場)
『カルメン』(ロイヤル・オペラ)
『期待』(シャトレ座)
『絹のはしご』(シュヴェチンゲン音楽祭)
『金鶏』(シャトレ座)
『クリングホファーの死』
『けちな騎士』(グラインドボーン音楽祭)
『結婚手形』
『結婚手形』(シュヴェチンゲン音楽祭)
『後宮からの誘拐』(ザルツブルク音楽祭)
『後宮からの誘拐』(チューリヒ歌劇場)
『後宮からの誘拐』(バイエルン州立歌劇場)
『後宮からの誘拐』(ロイヤル・オペラ)
『皇帝ティトゥスの慈悲』(グラインドボーン音楽祭)
『皇帝ティトゥスの慈悲』(チューリヒ歌劇場)
『こうもり』(ウィーン国立歌劇場)
『こうもり』(グラインドボーン音楽祭)
『こうもり』(ザルツブルク音楽祭)
『こうもり』(バイエルン州立歌劇場)
『こうもり』(パリ・オペラ座)
『コジ・ファン・トゥッテ』
『コジ・ファン・トゥッテ』(エクサン・プロヴァンス音楽祭)
『コジ・ファン・トゥッテ』(グラインドボーン音楽祭)
『コジ・ファン・トゥッテ』(シャトレ座)
『コジ・ファン・トゥッテ』(チューリヒ歌劇場)
『コジ・ファン・トゥッテ』(ベルリン州立歌劇場)
『湖上の美人』(ミラノ・スカラ座)

<さ行>
『さまよえるオランダ人』(神奈川県民ホール)
『さまよえるオランダ人』(バイロイト音楽祭)
『さまよえるオランダ人』(モネ劇場)

『サムソンとデリラ』(サンフランシスコ歌劇場)
『サロメ』

『サロメ』(ロイヤル・オペラ、1992年)
『サロメ』(ロイヤル・オペラ、1997年)
『三人姉妹』(シャトレ座)
『ジェロルスタン大公妃殿下』(シャトレ座)
『ジークフリート』(バイエルン州立歌劇場)
『ジークフリート』(バイロイト音楽祭、1980年)
『ジークフリート』(バイロイト音楽祭、1992年)

『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場)
『死者の家から』(ザルツブルク音楽祭)
『シチリア島の夕べの祈り』(ミラノ・スカラ座)
『死の都』(ライン国立歌劇場)
『ジプシー男爵』(メルビッシュ音楽祭)
『シモン・ボッカネグラ』(イタリア歌劇団)
『シモン・ボッカネグラ』(パリ・オペラ座)
『シモン・ボッカネグラ』(フェニーチェ歌劇場)
『シャモニーのリンダ』(チューリヒ歌劇場)
『ジャンニ・スキッキ』(グラインドボーン音楽祭)
『ジューリオ・チェーザレ』(グラインドボーン音楽祭)
『ジョコンダ』(ウィーン国立歌劇場)
『ジョコンダ』(ヴェローナ音楽祭)
『スティッフェリオ』(ロイヤル・オペラ)
『スペードの女王』(キーロフ歌劇場)
『スペードの女王』(パリ・オペラ座)
『西部の娘』(ミラノ・スカラ座)
『セビリアの理髪師』(ネーデルランド歌劇場)
『セビリアの理髪師』(メトロポリタン歌劇場)
『セビリアの理髪師』(レアル劇場)
『戦争と平和』(パリ・オペラ座)

<た行>
『建・TAKERU』(新国立劇場)
『タンクレーディ』(シュヴェチンゲン音楽祭)
『タンホイザー』(東京のオペラの森)
『タンホイザー』(バイエルン州立歌劇場)
『タンホイザー』(バイロイト音楽祭)
『チェネレントラ』
『チェネレントラ』(グラインドボーン音楽祭)
『チェネレントラ』(ヒューストン・グランド・オペラ)
『チャールダーシュの女王』(メルビッシュ音楽祭)
『蝶々夫人』(東京文化会館)
『蝶々夫人』(プッチーニ・フェスティバル)
『椿姫』(ザルツブルク音楽祭)
『椿姫』(藤原歌劇団)
『椿姫』(ボルドー・オペラ座)
『椿姫』(ミラノ・スカラ座)
『椿姫』(ロイヤル・オペラ)
『TEA~茶経異聞』(サントリーホール)
『ディドーネ』(アンブロネイ音楽祭)
『テオドーラ』(グラインドボーン音楽祭)
『天国と地獄』(モネ劇場)
『天国と地獄』(リヨン国立歌劇場)
『道化師』
『道化師』(イタリア歌劇団)
『トゥーランドット』(サンフランシスコ歌劇場)
『トゥーランドット』(ソフィア国立歌劇場)
『トゥーランドット』(ミラノ・スカラ座)
『トゥーランドット』(メトロポリタン歌劇場)
『トスカ』
『トスカ』(イタリア歌劇団)
『トスカ』(新国立劇場)
『トスカ』(ミラノ・スカラ座)
『トスカ』(メトロポリタン歌劇場)
『トスカ』(レアル劇場)
『とてつもない誤解』
『トリスタンとイゾルデ』(オランジュ音楽祭)
『トリスタンとイゾルデ』(バイエルン州立歌劇場)
『トリスタンとイゾルデ』(バイロイト音楽祭)
『トリスタンとイゾルデ』(ベルリン・ドイツ・オペラ)
『トリスタンとイゾルデ』第2幕(ルツェルン音楽祭)
『トーリードのイフィジェニー』(チューリヒ歌劇場)
『トロイ人』(シャトレ座)
『トロヴァトーレ』(ブレゲンツ音楽祭)
『トロヴァトーレ』(ミラノ・スカラ座)
『トロヴァトーレ』(メトロポリタン歌劇場)
『トロヴァトーレ』(ロイヤル・オペラ)
『ドン・カルロ』(ミラノ・スカラ座)
『ドン・カルロ』(ロイヤル・オペラ)
『ドン・カルロス』(シャトレ座)
『ドン・ジョヴァンニ』(エクサン・プロヴァンス音楽祭)
『ドン・ジョヴァンニ』(グラインドボーン音楽祭)
『ドン・ジョヴァンニ』(ザルツブルク音楽祭)
『ドン・ジョヴァンニ』(フェラーラ市立歌劇場)
『ドン・ジョヴァンニ』(ミラノ・スカラ座)

<な行>
『ナイチンゲール』
『ナクソス島のアリアドネ』(ドレスデン州立歌劇場)

『ナブッコ』(ウィーン国立歌劇場)
『ナブッコ』(ウェールズ・ナショナル・オペラ)
『ナブッコ』(ミラノ・スカラ座)
『成り行き泥棒』(シュヴェチンゲン音楽祭)
『偽の女庭師』(チューリヒ歌劇場)
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(バイロイト音楽祭)
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(ハンブルク州立歌劇場)
『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(メトロポリタン歌劇場)
『人間の声』(シャトレ座)

<は行>
『ハムレット』(シャトレ座)
『ばらの騎士』(ウィーン国立歌劇場)
『ばらの騎士』(チューリヒ歌劇場)
『パルジファル』(バーデン・バーデン祝祭劇場)
『パルジファル』(ベルリン州立歌劇場)
『ファルスタッフ』(ザルツブルク音楽祭)
『ファルスタッフ』(ミラノ・スカラ座)
『ファルスタッフ』(ロイヤル・オペラ)
『フィガロの結婚』
『フィガロの結婚』(ウィーン芸術週間)
『フィガロの結婚』(グラインドボーン音楽祭)
『フィガロの結婚』(ザルツブルク音楽祭)
『フィガロの結婚』(シャトレ座)
『フィガロの結婚』(シャンゼリゼ劇場)
『フィガロの結婚』(チューリヒ歌劇場)
『フィガロの結婚』(パリ・オペラ座)
『フィガロの結婚』(ベルリン州立歌劇場)
『フィデリオ』(ザルツブルク・イースター音楽祭)
『フィデリオ』(ロイヤル・オペラ)
『二人のやもめ』(プラハ国民劇場)
『プラテー』(パリ・オペラ座)
『ブルスキーノ氏』(シュヴェチンゲン音楽祭)
『ペドロ親方の人形芝居』
『ペレアスとメリザンド』(ウェールズ・ナショナル・オペラ)
『ヘンゼルとグレーテル』(チューリヒ歌劇場)
『ホヴァンシチナ』(キーロフ歌劇場)
『ボエーム』(サンフランシスコ歌劇場)
『ボエーム』(ジェノヴァ歌劇場)
『ボエーム』(シドニー・オペラハウス)
『ボエーム』(ブレゲンツ音楽祭)
『ボエーム』(ミラノ・スカラ座)
『ポッペアの戴冠』(シュヴェチンゲン音楽祭)
『ホフマン物語』(オランジュ音楽祭)
『ホフマン物語』(パリ・オペラ座)
『ホフマン物語』(ミラノ・スカラ座)
『ホフマン物語』(ロイヤル・オペラ)
『微笑みの国』
『ポントの王ミトリダーテ』(ザルツブルク音楽祭)

<ま行>
『マイ・ウェイ・オブ・ライフ』(シャトレ座)
『マクベス』
『マクベス』(サヴォンリンナ音楽祭)
『マクベス』(チューリヒ歌劇場)
『マクベス』(ベルリン・ドイツ・オペラ)
『マクロプーロス事件』(グラインドボーン音楽祭)
『マゼッパ』(キーロフ歌劇場)

『魔笛』
『魔笛』(ウィーン国立歌劇場)
『魔笛』(NHKモーツァルト・イヤー1991)
『魔笛』(ザルツブルク音楽祭)
『魔笛』(チューリヒ歌劇場)
『魔笛』(東京二期会)
『魔笛』(バイエルン州立歌劇場)
『魔笛』(パリ・オペラ座)
『魔笛』(メトロポリタン歌劇場)
『魔笛』(ロイヤル・オペラ)
『マノン・レスコー』(グラインドボーン音楽祭)
『マホメット2世』(フェニーチェ歌劇場)
『マリーツァ伯爵夫人』(メルビッシュ音楽祭)
『三つのオレンジへの恋』(エクサン・プロヴァンス音楽祭)
『三つのオレンジへの恋』(リヨン歌劇場)
『ミニョン』(コンピエーニュ・インペリアル劇場)
『メリー・ウィドウ』(パリ・オペラ座)
『メリー・ウィドウ』(メルビッシュ音楽祭)
『モーゼとアーロン』 by CineKen2

<や行>
『欲望という名の電車』(サンフランシスコ歌劇場)

<ら行>
『ラインの黄金』(バイエルン州立歌劇場)
『ラインの黄金』(バイロイト音楽祭、1980年)
『ラインの黄金』(バイロイト音楽祭、1991年)

『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場)
『ランメルモールのリュシー』(リヨン国立歌劇場)
『ランメルモールのルチア』(ミラノ・スカラ座)

『利口な女狐の物語』(シャトレ座)
『リゴレット』
『リゴレット』(ロイヤル・オペラ)
『ルクセンブルク伯爵』(メルビッシュ音楽祭)
『ルスランとリュドミラ』(キーロフ歌劇場)
『ルル』(グラインドボーン音楽祭)
『ルル』(チューリヒ歌劇場)
『レ・ボレアード』(パリ・オペラ座)
『連隊の娘』(ミラノ・スカラ座)
『ローエングリン』(ウィーン国立歌劇場)
『ローエングリン』(バイロイト音楽祭)
『ローエングリン』(バーデン・バーデン祝祭劇場)
『ロデリンダ』(グラインドボーン音楽祭)

<わ行>
『ワルキューレ』(バイエルン州立歌劇場)
『ワルキューレ』(バイロイト音楽祭、1980年)
『ワルキューレ』(バイロイト音楽祭、1992年)

『ワルキューレ』(メトロポリタン歌劇場)

|

« 『オテロ』(フィレンツェ五月音楽祭) | トップページ | 『こうもり』(バイエルン州立歌劇場) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。